低糖質・ケトジェニック

【初心者必見】ケトジェニックダイエットでタンパク質の摂り過ぎはNGな理由

Ryosuke
ケトジェニックダイエットでは、どのくらいのタンパク質を摂ればいいの?なんでタンパク質を摂りすぎてはいけないの?目安の量を知りたい!

 

こういった疑問に答えます。

 

ケトジェニックダイエット中でも筋肉の維持、増加のためにタンパク質は欠かせません。

実際に私もケトジェニックダイエット中の筋力維持にはかなり苦労しました。

タンパク質の摂取量が落ちると、体は自然と筋肉を分解してエネルギーを生成するため、油断すると筋肉量がどんどん減っていきます。

 

しかしタンパク質を摂りすぎは、ケトジェニックダイエットの失敗を招きます。

なぜなら、タンパク質の摂り過ぎは、タンパク質による糖新生を促進するためです。

 

では、1日にどれぐらいのタンパク質の量が適切なのか、糖新生とは何かといった疑問に答えるため、以下の内容で解説していきます。

本記事の内容

 

  • タンパク質の摂り過ぎがNGな理由
  • ケトジェニックダイエット中のタンパク質の量の目安

 

タンパク質の摂り過ぎがNGな理由

結論からいうと、摂りすぎたタンパク質は糖質へと変わってしますからです。

 

ケトジェニックダイエット中にタンパク質の摂り過ぎがいけない理由は、薬剤師の知識のひとつである『生化学』によって説明できます。

 

タンパク質は、胃や腸でペプチドやアミノ酸に分解され、小腸のアミノ酸トランスポーターによって体内に取り込まれます。

体内に入ったアミノ酸は筋肉やホルモンの材料になり、また、余分なアミノ酸は脂肪やグルコース(糖質)、エネルギーに変換されます。

タンパク質説明

出典:大塚製薬HP「カラダを構成するタンパク質」

 

この中でも、アミノ酸からグルコース(糖質)へ変換されることを糖新生といいます。

糖新生

出典:大塚製薬HP「カラダを構成するタンパク質」を加工して掲載

 

つまり、摂りすぎたタンパク質は糖質に変わり、ケトジェニック状態に入れなかったり、せっかくケトーシス状態に入れたのにそれを解除してしまいます。

 

このため、ケトジェニックダイエット中はタンパク質の量に気をつけながら生活しなければいけません。

 

ポイント

摂りすぎたタンパク質は糖質に変わってしまうため、タンパク質の量に注意!

 

それでは、具体的にどのくらいの量を摂るべきなのでしょうか。

詳しく解説します。

 

ケトジェニックダイエット中のタンパク質の量の目安

実は、【ケトジェニックダイエット】1日の脂質の目安量と、効率的な脂質の摂り方という記事で1度解説しましたが、改めて解説したいと思います。

ケトジェニックダイエット脂質
参考【ケトジェニックダイエット】1日の脂質の目安量と、効率的な脂質の摂り方

ケトジェニックダイエットは、炭水化物を限界まで減らし、脂質を主なエネルギー源とするダイエット方法。 つまり油をたくさん摂ればいいわけですが、なかなか1日に必要な脂質を摂るのは難しいのではないのでしょう ...

続きを見る

 

なお、1日に必要なタンパク質の量は『筋肥大目的の人』と『ダイエット目的の人』とで異なります

 

筋肥大目的の脂質量計算方法

1日に必要なタンパク質の量を求める

1日のタンパク質の量は体重1㎏あたり2~3gです。

いつものタンパク質摂取量で構いませんので計算しましょう。

(普段体重1㎏あたり3gでタンパク質を摂取している人はそのまま3gで計算して良いです)

特に決めていない場合は、2gで計算します。

 

<体重70㎏の場合のタンパク質量>

70㎏×2g=140g

 

ダイエット目的の脂質量計算方法

calculate

ダイエット目的の場合は、1日の総摂取カロリーを基準に計算します。

  • 1日の総摂取カロリーを計算する

    JOYFIT公式の消費カロリー計算サイトを参考にして、1日の総摂取カロリーを求めます。

    <身長170cm、体重70kg、男、27歳、活動レベル1の場合>

    1日の消費カロリー = 2289kcal

  • 1日のタンパク質の量を求める

    タンパク質は、1日の消費カロリーの30%にするので、

    2289×0.3≒686.7kcal(1日の脂質の量)

    ここからgを求めるなら、

    686.7÷4=171.7g

 

ポイント

タンパク質の量は、筋肥大目的の人とダイエット目的の人で計算方法が違う。

  • 筋肥大目的:体重×2〜3g
  • ダイエット目的:1日の消費カロリーの30%分

 

まとめ

ケトジェニックダイエットでは、タンパク質の摂り過ぎは絶対にNGです。

摂りすぎたタンパク質は、糖質に変わってしまいます。

 

ケトジェニックダイエットを行うにあたって、タンパク質は筋肥大の維持・増加のために必要な栄養素になりますので、きちんと計算して量を把握し、ケトジェニックダイエットを成功させましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ryosuke

薬剤師筋トレブロガー。
週5でトレーニング。筋トレ歴約10年。

宅トレ2年(高校生)
▶ジム4年(パーソナル、セルフを経験)
▶宅トレ4年(本格的なホームジムを開発)

薬剤師の知識を活かして、
『ラクやせダイエットの知識』
『効率的な筋トレの方法』
『サプリメントの知識・お買い得情報』
を分かりやすくお伝えします!

トレーニングルームを作るために家を買い、ホームジムに15万円かけた経験から、おすすめの器具を紹介します。

体重84kg→73㎏→増量中(身長175cm)
ベンチプレスMAX120kg

Amazon、iHerb、マイプロテインを10年間使用しています。

-低糖質・ケトジェニック