トレーニングギア

【2021年最新版】リストラップの選び方とおすすめを徹底解説します

リストラップ

リストラップは、

  1. 挙上重量の補助
  2. 手首の怪我の防止

を行う、筋トレ専用のグッズです。

ちなみに、本記事で紹介する『リストラップ』と『リストストラップ』とは別物なので注意!

アマチュア、プロに関わらずほぼ全員が使用しているといっても過言ではない筋トレグッズです。筋トレに必須のグッズであるからこそ、様々な種類のリストラップが販売されているため、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね?

今回は、リストラップごとの特徴に注目して、あなたに合ったリストラップの選び方とおすすめを徹底解説したいと思います。

あなたに合ったリストラップを選ぶことができれば、特に手首に負担のかかりやすいプッシュ系のベンチプレスなどの種目で、最大限に効果を発揮することができます。リストラップを活用して、バルクアップを目指しましょう!!

本記事の内容

 

  • リストラップの選び方を教えます。
  • リストラップの特徴を解説し、あなたにマッチしたリストラップを選ぶことができます

それでは最後までご覧ください。

 

リストラップとは?

リストラップとは、手首に巻きつけて手首を固定し、より高重量のトレーニングをする補助を行ったり、高重量化に伴う手首の負担を無くすためのベルトです。

筋肉が発達し、扱える重量が重くなってくると、手首への負担が大きくなります。手首が前後左右に動くと腱を痛め、私と同じように2ヶ月は手首を固定しなくてはならなくなります。

ケガの予防の観点からも、リストラップは必ず使用した方が良いトレーニングギアです。

しかし、リストラップの種類も様々で、素材や長さなど選ぶ基準は沢山あります。

次項からリストラップの選び方について詳しく解説します。

 

失敗しない、リストラップの選び方

リストラップの選び方は大きく3種類あります。

長さ

リストラップの長さは、手首を固定する際の手間や、固定の強さに関わってきます。

通常は全長60cm前後ですが、筋トレ初心者〜上級者、トレーニング強度によって長さを選びましょう。

長さが長くなればなるほど手首の固定感が増しますが、装着に手間がかかり、締め付けの調整がしづらくなります。

短くなると固定感が薄れるが、付け替えは楽になります。

よって、リストラップを購入する際は中間の60cm前後を推奨します。

 

硬さ

リストラップの硬さは手首の固定に関わります。

リストラップが硬くなると、手首の固定が強くなり、強度の高いトレーニングが可能になります

しかし、締めつけ感が強くなることで締め付けによる圧迫の痛みが出てきたり、手首の自由が効きづらくなる欠点もあります。

柔らかめのリストラップだと、固定は弱まりケガのリスクが上がります。しかし柔軟性が良いため、初心者には取り扱いやすい利点もあります。

 

素材

リストラップ選びにはリストラップの素材も重要です。

特にマジックテープの素材が重要で、リストラップが使えなくなる原因としてマジックテープの消耗が挙げられます。

毎回付け外しに負荷がかかるのことと、手首をしっかり固定するために強く巻くため、マジックテープの横方向の負荷がかかるので、余計消耗しやすくなります。

リストラップによっては縫い方など様々な工夫をしている商品もあるため、チェックしてみて下さい。

 

【厳選】リストラップのおすすめ3選

ゴールドジム(GOLD`S GYM) ループ付き リストラップ G3511

リストラップといったらこれ!

長さは60cmで、筋トレ初心者から上級者まで幅広く使えるリストラップ。有名ブランドということもあって、非常に高品質な商品です。

柔軟性と固定感が両立されており、より安定感の増したトレーニンが可能です。

マジックテープ部も丈夫で、長く使い続けられる設計になっています。

世界トップビルダーの鈴木雅選手も長年使用しており、その他ボディビルの選手やトレーナーにも愛用されています。

 

ハービンジャー(Harbinger) 男女兼用 トレーニング用リストラップ

有名トレーニング器具販売メーカーハービンジャーのリストラップです。

長さは約46cmと少し短めで、初心者の方にも取り扱いやすい商品

幅広のマジックテープで止めるため、しっかり固定し、締め具合の調整も細かく行える利点があります。

 

Schiek(シーク)リストラップ

トレーニングギアメーカーとして25年の歴史を持つSchiek(シーク)。信頼性の高さと高品質な商品を開発することで有名な企業です。

長さは標準(60cm)の半分の長さの約30cm。だいたい手首を1周半する長さです。

付け外しが楽で、バンドが少し硬めの設計であるため固定力も申し分ないため、トレーニングの種目ごとに頻繁にリストラップを付け外しする人におすすめです。

 

その他トレーニングギアもチェック!

リストラップの他にも筋トレの効率を上げるトレーニングギアがありますのでチェックしましょう。

こちらもCHECK

【2021年】ウエイトトレーニング用グローブの選び方とおすすめを徹底解説します

ウエイトトレーニング用グローブは、 握力の補助 手の平の保護 手首の保護 手汗による器具の滑り防止 を行う、筋トレ専用のグローブ。 アマチュア、プロに関わらずほぼ全員が使用しているといっても過言ではな ...

続きを見る

 

こちらもCHECK

no image
【完全保存版】自宅で筋トレをするなら必須!おすすめグッズ厳選15種

「ジムに通うのはお金がかかるから、自宅でトレーニングをしていきたい!」 「自重トレではあまり成長を感じなくなってしまった・・・」 「宅トレで最低限揃えておくべきトレーニング器具を知りたい!」 &nbs ...

続きを見る

 

まとめ

リストラップは現在、数多くの商品が発売されており、明確な違いがわかりにくいため、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

今回は、『【2021年最新版】リストラップの選び方とおすすめを徹底解説します』と題し、リストラップの選び方やおすすめについてまとめましました。

リストラップは重量のサポートをしたり、手首のケガを防止するためのトレーニングギア。手首をケガすると、1〜2ヶ月は安静にしなくてはいけないので、筋肉にとってかなりの打撃です。

プロでもアマチュアでも、必ずと言っていいほど使用しているトレーニングギア。

この記事を参考にして、あなたに合ったリストラップを選びましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ryosuke

薬剤師筋トレブロガー。
週5でトレーニング。筋トレ歴約10年。

宅トレ2年(高校生)
▶ジム4年(パーソナル、セルフを経験)
▶宅トレ4年(本格的なホームジムを開発)

薬剤師の知識を活かして、
『ラクやせダイエットの知識』
『効率的な筋トレの方法』
『サプリメントの知識・お買い得情報』
を分かりやすくお伝えします!

トレーニングルームを作るために家を買い、ホームジムに15万円かけた経験から、おすすめの器具を紹介します。

体重84kg→73㎏→増量中(身長175cm)
ベンチプレスMAX120kg

Amazon、iHerb、マイプロテインを10年間使用しています。

-トレーニングギア