転職ノウハウ

転職回数の多い薬剤師は採用で不利になるのか?【結論:問題ないです】

2022年2月20日

転職

こんにちは、薬剤師のRyosukeです。

 

私は現在、薬剤師として調剤薬局で働いています。そんな私ですが、実は新卒からの4年間で2回の転職を経験しています。

 

Ryosuke
2年に1回のペースで職を変えている計算になりますね

 

今回は、『薬剤師の転職回数と有利・不利』に関して解説をしたいと思います。

 

さて、皆さんは転職をしたことがありますか?

 

巷では一般的に、「転職回数が多いと転職には不利になる」と言われていますが、薬剤師にもそれが当てはまるのでしょうか。

 

確かに転職回数が多いと、"少ない"または"無い"よりは採用担当者に良い顔はされないと思います。

 

しかし、仕事の環境を変える・スキルアップのためには、転職はひとつの重要な手段となります。

 

これからこの記事で解説しますが、『転職回数は転職には影響しない』と断言しておきます。

 

 

薬剤師の転職回数が多くても問題はない理由

 

結論から言うと、転職回数は多くても問題はありません

 

理由は3つあります。

  1. まだ薬剤師の需要供給バランスは供給不足にあるから(特にドラッグストア)
  2. 薬局側の補充が困難なため、なるべく転職して欲しくないと考えているから
  3. 『薬剤師』としてのスキルアップのため

薬剤師業界はまだまだ人員不足なのが現状です。

 

Ryosuke
私が在籍していたチェーンのドラッグストアでも常に人員不足に悩まされていて、過重労働となっていました。

 

しかし安心してはいけません。これから薬学部の創設が進み排出される薬剤師数が増えること、薬剤師業務のデジタル化・機械化が進み、今ほどの薬剤師数が要らなくなっていくことが見込まれます。

 

そのため、転職して環境を変えるのであれば今が最後のチャンスです。

 

  • 薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」転職成功実績No.1:薬剤師転職業界最大級のサイトで求人数も豊富。まずはここに登録しましょう。
  • 薬キャリ 薬剤師転職の王道:全国の医療機関とのネットワークを活用。700万以上という条件の非公開求人を複数紹介してくれました。
  • リクナビ薬剤師 |薬剤師免許を持ったエージェントが対応:求人数トップクラス。取り逃しを無くすために登録して損はないです。

 

理由についての解説は次から行います。

 

1.まだ薬剤師の需要供給バランスは供給不足にあるから

 

薬局・病院・ドラッグストアでは、未だに薬剤師の人員不足が解消されていないのが現状です。

 

「誰でもいいから、うちで働いて欲しい」といった感じです。

 

実務経験があるにも関わらず、「転職回数が多いから」という理由で採用しないと、次の採用がいつになるか分かりません。

 

人手不足であえいでいるのに、わざわざそんなことをする必要はありません。

 

なので、今の薬剤師の転職業界は転職者からすると有利です。

 

この現状を把握した上で、転職活動をしたほうが良いと思います。

 

2.薬局側の補充が困難なため、なるべく転職して欲しくないと考えているから

 

これは薬局の都合です。

 

薬剤師を減らさないためには次の2択しかありません。

  1. 今いる従業員を流出させないようにする(現状維持)
  2. 新たに薬剤師を雇う(新規雇用)

前の項で解説した通り、職を求める薬剤師の絶対数が少ないため、2は非常に難しい。

 

そのため、企業は今いる薬剤師を逃さないよう様々な施策をとっているのです。

 

3.『薬剤師』としてのスキルアップのため

 

薬剤師としてのスキルアップのためにも転職はすべきと断言します。

 

「同じところで働き続けても、スキルアップできるんじゃないの?」と思う人もいるかもしれません。

 

2回転職し、3箇所の職場を経験している私から言わせてもらうと、同じ職場で働き続けるのはまさに『井の中の蛙』です。

 

確かに、同じ職場で働き続けることで仕事のスピードや理解度、地位が上がると成長を感じるかもしれません。

 

しかし、それはあくまで『会社の中』での成長であり、社会から見たら大したことはないです。

 

試しに転職活動をしてみましょう。

 

職務経歴書や自己アピールがありきたりな文章になって、いかに自分が凡庸な人材であるかを痛感します・・・。

 

特に20代の人は、「ひとつの職場で勤め上げる」よりも「社会で通用する様々な経験・知識」を身につける意識を持つべきです。

歳を取ると転職自体が難しくなるため、経験できる今だからこそ挑戦しましょう。

 

私は誰よりも積極的に挑戦することで、今では会社と薬局の立ち上げを仕事にすることができました

 

無駄に転職回数を増やすのはやめましょう

 

転職回数は多くても問題はありません」と言いましたが、闇雲に転職回数を増やすことだけは止めましょう

 

あくまで転職の目的は、「スキルアップ」「経験を積む」ことです。

 

できれば、薬剤師以外の能力も身につけられるとなお良いですね。

 

私は管理薬剤師・薬局長としての人材管理能力の他にも、ブログを書くことで情報発信力、マーケティング力やライティング力薬局を立ち上げることで財務管理力を身につけることができました。

 

特にブログで執筆活動をしていることで、メディカルライティングという職種からスカウトが来たこともありました。

 

40代・50代になって、

  • ずっと同じ会社でしか働いていない
  • 転職回数は多いが、スキル・経験が少ない
  • 薬剤師以外の仕事ができない

という状況はあまりにも危険です。

 

いつ薬剤師という職業が人工知能に取って代わられるか分からないこの時代に、薬剤師以外の能力がないことに危機感を感じましょう。

 

そのため、転職先には薬剤師以外のスキルを獲得できる状況があるかも重視して転職活動を行った方が良いです。

 

  • 薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」転職成功実績No.1:薬剤師転職業界最大級のサイトで求人数も豊富。まずはここに登録しましょう。
  • 薬キャリ 薬剤師転職の王道:全国の医療機関とのネットワークを活用。700万以上という条件の非公開求人を複数紹介してくれました。
  • リクナビ薬剤師 |薬剤師免許を持ったエージェントが対応:求人数トップクラス。取り逃しを無くすために登録して損はないです。

 

面接で、転職回数が多い理由をしっかり説明しましょう

 

転職回数が多い、または短期間で転職をした人に必ず立ちはだかるのが、面接で「なぜ転職回数が多いのか」「短期間で転職したのか」を聞かれることです。

 

ここで転職の意図をしっかり答えられないと、「すぐに飽きてコロコロ転職する人なのか」と誤った印象を与えてしまいます。

 

「短期間で転職した」「転職回数が多い」人向けに、私が実際に転職活動で記載して合格を勝ち取った理由の書き方をまとめた記事があるので、そちらも参考にして下さい。

 

意味のある転職活動をするためにはエージェント選びが重要です

 

転職活動をするにあたって、エージェントの存在は欠かせないと私は感じています。

 

エージェントを利用する理由は以下の通りです。

  • 伝えづらい希望年収について交渉してくれる
  • 面接対策をしてくれる(対面・Web)
  • 履歴書の添削をしてくれる
  • 面接に同行して、アピールのサポートをしてくれる
  • 見えにくい職場の雰囲気を教えてくれる

他の候補者との差別化を図り、理想の職種の採用を獲得するためにもエージェントは利用すべきです。

 

絶対登録しておきたい薬剤師の転職サイト

結論はコレです。

  • 薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」転職成功実績No.1:薬剤師転職業界最大級のサイトで求人数も豊富。まずはここに登録しましょう。
  • 薬キャリ 薬剤師転職の王道:全国の医療機関とのネットワークを活用。700万以上という条件の非公開求人を複数紹介してくれました。
  • リクナビ薬剤師 |薬剤師免許を持ったエージェントが対応:求人数トップクラス。取り逃しを無くすために登録して損はないです。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ryosuke

現役薬剤師5年目/第2新卒転職専門家/認定薬剤師取得/筋トレ歴10年/ホームトレーニー/目標はマッスルゴリラになること/TOEIC695点/マーケティングビジネス実務検定取得

-転職ノウハウ