転職ノウハウ

【合格した実例付き】薬剤師短期退職の退職理由は何を書けばいい?

2022年2月20日

この記事はこんな人向け

  1. 短期間での退職理由はどうやって書けばいいか悩んでいる
  2. 退職理由の実例を知りたい

 

こんにちは、薬剤師の寺田りょーすけです。 

私は、今まで以下の理由で転職をしたことがあります。

 

私が経験した転職理由

  • 給料が低い
  • 人間関係の悪さ
  • 入社時の説明と労働条件が異なっていた

 

これらの理由で私は転職を決意し、入社3ヶ月で転職を成功させました。

 

Ryosuke
3ヶ月という短期間で転職したため、転職理由の説明は慎重に行いました。

 

この記事では、実体験から実際に説明・記載した理由を記載します。

 

本記事の内容

    • 採用担当者が短期間での退職理由を問う理由
    • 転職理由を考える際の注意点
    • 転職理由を前向きに変換するコツと例文
    • 履歴書での離職理由の記載方法

 

これらを解説します。

 

退職理由は選考結果を左右する重要な要素

 

転職活動において、『退職理由』は必ず聞かれる重要な質問事項です。

特に以前所属していた職場、または現在所属している職場での在籍期間が1年以内の場合だとその説明は合理的にしなければ、不信感を抱かれる原因となります。

 

転職の理由は人によって様々だと思いますが、どんな理由であれ伝え方が良くなければ、合格に影響してしまうのも事実です。

 

また、すぐ辞めるのではないか?

と懸念を抱かれないためにも、納得してもらえるような退職理由を用意しておきましょう。

 

今回は、実際に履歴書・面接で使用して合格した実例も記載するのでぜひ参考にして下さい。

 

採用担当者が退職理由を聞く理由

 

中途採用面接では、必ず退職理由を聞かれます。

参考薬局薬剤師が転職・退職を決意すべき理由7選【後悔するな】

 

初めての方だと、『退職したこと・することを責められているの・・・?』と思ってしまうかもしれませんが、実際に採用担当者が聞きたいのはそこではありません

 

具体的には以下の2点です。

 

面接官が聞きたいこと

  • 自社の社風と転職者の性格・考え方がマッチしているか
  • 会社に長期定着してくれるか

 

自社の社風と転職者の性格・考え方がマッチしているか

 

ひとつめは、自社の社風と転職者の性格・考え方がマッチしているかです。

 

例えば、『残業が多くて辛い』という理由で転職を考えている場合について。

あなたが時間に対して厳しい価値観を持っていると考えられるため、1日の労働時間が変化しやすいシフト制のサービス業などでは厳しく見られる可能性が高いです。

 

『職場の人間関係が悪かった』という理由では、コミュニケーション能力に難ありと見られる可能性が高いです。

もちろん、同僚や上司が100%悪いケースもあります。(私の場合もそうでした)

 

しかし、コミュニケーション能力は全職種に必要な力。

これは転職の理由として挙げず、他の理由を説明したほうが良いでしょう。

 

このように、転職理由によって社風や働き方が合っているか判断されています。

あなたが希望する職種で必要とされる能力を見極めて、転職理由を考察することが重要です。

 

会社に長期定着してくれるか

 

ふたつめは、会社に定着してくれるかです。

もし採用してもすぐに辞められてしまうことを防ぐためです。

 

採用と育成には多大なコストがかかります。

 

 採用・育成にかかるコスト

  • 採用コスト(人材紹介業者への仲介手数料・・・数十万円)
  • 育成コスト(入社後、自立するまでの育成費用・・・100万以上)

 

転職者を採用するのに企業側がいかに慎重になるのも納得いきませんか?

数年単位で在職してもらわないと、企業にとって赤字になってしまいます。

 

以上の理由から、以前の退職理由を問うことによって、長期定着しうる人物か判断する材料にするということです。

 

薬剤師の転職に強い!実際に使って良いと感じた転職サイト

 

薬剤師として転職したいけど、「どんな転職サイトを使ったらいいのかいいの?」という方に、私が転職する際毎回使用している転職サイトを以下に記載します。

全て無料で登録・相談可能なので、初心者の方はまずは相談から。

  • 薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」転職成功実績No.1:薬剤師転職業界最大級のサイトで求人数も豊富。まずはここに登録しましょう。
  • 薬キャリ 薬剤師転職の王道:全国の医療機関とのネットワークを活用。700万以上という条件の非公開求人を複数紹介してくれました。
  • リクナビ薬剤師 |薬剤師免許を持ったエージェントが対応:人材求人最大手のリクルートが運営する薬剤師専門転職サイト。取り逃しを無くすために登録して損はないです。

 

 

転職理由を考える際の注意点2点

 

この章では、転職理由を考える際の注意点について解説したいと思います。

 

嘘をつくな!

 

「残業時間が多かった」「職場の人間関係が悪かった」とありのままの理由を伝えるのは良くないと、薄々感じてはいませんか?

 

それでは、採用担当者が納得する理由を1から考えればいいかというと、それは違います。

 

全くの嘘を言うことは絶対にしてはいけません

 

採用担当者は幾度もの面接を行っている面接の達人。嘘はすぐに見破られてしまいます。

 

嘘を嘘で固めても、質問を経るうちにボロが出てくるので絶対にやめましょう

 

前向きな回答をする

 

先程の「嘘をつかない」にも関連しますが、転職理由はそのまま伝えるのではなく、前向きな理由に変換して採用担当者に伝えましょう

 

面接では、前向きな回答をすることが原則。転職があくまでも意欲的なものであるとアピールすると、採用の確率がグッと高まります。

 

「でも、どうやって前向きな理由にすればいいの?」という方向けに、次の章で変換例を記載するので参考にして下さい。

 

転職理由を前向きに変換するコツと例文

 

ここでは転職理由ごとに、その理由を前向きに変換するコツと例文を解説していきます。

 

給与に不満があった

 

前職で給与に不満があった、もっと高い年収を得たいという人はこの理由になると思います。

 

「年収を上げたい」と言っても構いませんが、フォローとして転職を希望する会社でなくてはいけない理由を必ず説明しましょう。

 

「年収さえ高ければどこでもいいのか?」という疑念を抱かせないために、企業のHP転職サイトのエージェントと相談して、内容を吟味しましょう。

参考薬剤師おすすめの“実際に使った“転職サイト厳選6選|現役薬剤師が紹介します

 

例文

年収を上げたい → 自分の努力が給与という成果として正確に反映される環境に身を置きたいと考えた。御社は特に〇〇が特色であり・・・

 

職場の人間関係が悪い

 

職場での人間関係に難を抱えている、上司にいじめられたという人はこの理由になると思います。

 

特に薬剤師の職場は調剤室という狭い世界であるため、一人でも相性の悪い人がいると辛い・・・。

 

面接では、絶対に職場の人との相性が悪かったとは言わないようにしましょう。

 

「ウチの職場でも、みんなと仲良くやっていけないんじゃないのか・・・」とマイナスなイメージを持たれてしまいます。

 

職場の人間関係が悪いという理由に関しては、私の意見では面接では転職理由として挙げない方が良いと断言します。

 

薬剤師の職業柄、コミュニケーション能力を発揮する場はいくつもあります。

 

例えば、職場の同僚や、患者、MRさん、医師、看護師、その他の医療従事者など、様々な職種の人との交流があって初めて正しい医療を提供できる職種です。

 

必須技能であるコミュニケーション能力を面接の場で否定することは避けましょう

 

薬剤師の早期退職理由の合格実例

 

私が実際に面接で使用した早期退職の理由を以下に記載します。

ぜひ参考にして下さい。

 

転職理由

私が転職を決意したのは、収入に関連することがひとつの要因となっています。就職前にあらかじめ聞いていた給与と、実際に得た給与が大きくかけ離れており、日々の暮らしや、自己研鑽に割くことができる余裕がなくなった実態がありました。これは、事前に給与の詳細を確認しなかった私の落ち度であり、大変反省しております。今回の転職では、その点を反省しより綿密な調査のもと応募を行っております。御社に採用頂いた暁には、さらなる自己研鑽を積むことで、自身の成長、ひいては御社の業績の向上に貢献します。

 

短期間での転職理由を考える際は、転職エージェントに相談しろ!

 

短期間での転職を行う際は、転職エージェントを利用しましょう。特に転職理由を考える際には、客観的な意見がすごく大切です。

 

私も最初は自力で転職理由を考えていましたが、転職エージェントに添削してもらったら、「独りよがりの文章になっている」との指摘を受けました。

 

転職のプロと一緒に転職理由と文章を考えることで、短期間の転職でも理路整然とした理由を作ることができるため、無料面談だけでもいいので受けることをおすすめします。

 

  • 薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」転職成功実績No.1:薬剤師転職業界最大級のサイトで求人数も豊富。まずはここに登録しましょう。
  • 薬キャリ 薬剤師転職の王道:全国の医療機関とのネットワークを活用。700万以上という条件の非公開求人を複数紹介してくれました。
  • リクナビ薬剤師 |薬剤師免許を持ったエージェントが対応:人材求人最大手のリクルートが運営する薬剤師専門転職サイト。取り逃しを無くすために登録して損はないです。

 

まとめ

 

今回は、『【合格した実例付き】短期退職の退職理由は何を書けばいい?薬剤師編』と題して、短期間で退職した際の転職理由の考え方について解説しました。

 

転職理由を前向きに、嘘をつくことなく説明することで、逆に誠実な印象を与えることができます。

企業は、長期定着してくれて、仕事に対し意欲的に取り組む人材を求めています。

 

履歴書や職務経歴書には、転職理由を記載する欄はありません。

しかし、面接では必ず聞かれる項目になるので、この記事を参考にして対策を行いましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

寺田りょーすけ

現役薬剤師5年(認定薬剤師取得)
筋肉専門薬剤師として、正しいボディメイクの知識を広めるため情報発信をしています。
皮膚科門前薬局4年間の経験と大学研究室での経皮吸収の研究の経験を生かし、美肌・肌の悩みを解決します。 多汗症専門薬剤師としてあせっかき・多汗症の悩みを解決します。
詳しいプロフィールはこちら

-転職ノウハウ