汗っかき・多汗症 薬・サプリメント

【薬剤師監修】汗っかき、多汗症におすすめのサプリメントを解説します

汗

terada
汗っかきをどうにかしたいから、おすすめのサプリメントを教えてほしい!何を選べばいいの?

 

こういった疑問に答えます。

この記事を見れば、汗っかきを改善しうるサプリメントを知ることができます。

また、汗っかきで悩んでいる薬剤師の私が厳選した、おすすめのサプリメントを紹介します。

 

結論

おすすめのサプリメントは、大豆イソフラボン・エクオールです。

 

私は、多汗症治療の情報を主に海外から仕入れています。

その理由は後ほど解説します。

 

ぜひ最後までご覧ください!

 

私が海外から多汗症治療の情報を仕入れる理由

海外

海外の方が、多汗症・汗っかきの治療に関して進んでいるためです。

なぜかというと、海外はキスやハグ、ハンドシェイクなどボディタッチをする機会が多いため、汗をかくということに過敏であるという背景があります。

そのため、日本に比べ汗っかきに対する治療が進んでいます。

私が海外に行ったときにも、ドラッグストアには汗を抑えるためのサプリメントが棚に並んでいたことを覚えています。

terada
日本では、汗を多くかくことが病気であるという認識が少ない&法律関連で市販のサプリメントや薬に「汗を抑えます!」と書くことができないため、普及していませんね・・

海外で多汗症の人向けに販売されているサプリメント

海外では、汗をかきやすい人向けにサプリメントが販売されています。

例えばAmazonで購入できるDRY SUPPORT COMPLEXというサプリメントがあります。

DRY SUPPORT COMPLEX

レビューにはステマと思わしきものも見受けられますが、低レビューの数等を総合して考えると、多汗症改善の効果は信憑性があると考えています。

サプリメントの効果には個人差があるので、色々試してみるしかありませんね・・・

terada
私も高評価のサプリメントを試しましたが、全然効かないということが多々ありました。逆に低評価が割とあるものの方が効いたりと、やはり個人差はあるのだと実感しています

それでは、DRY SUPPORT COMPLEXを例に多汗症に対してどんなサプリメントの成分が影響しているのか、成分表示を見ていきましょう。

 

DRY SUPPORT COMPLEXの成分を分析しました

分析

DRY SUPPORT COMPLEXの成分は英語で書かれていますので、すべて解読してみました。

 

この成分をみると、主に『更年期障害=女性ホルモンの不足=ホルモンバランスの乱れ』が原因の多汗症に効果が見込まれそうですね。

もちろん男性にもこれは当てはまります。

ホルモンは脳の視床下部というところでコントロールされており、同時に視床下部では交感神経の興奮にも関わっています。交感神経のバランスが崩れると、多汗症・あせっかきになります。

視床下部

実は男性でも女性ホルモンが分泌されており、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れることで交感神経のバランスが崩れ多汗症または汗っかきとなるのです。

つまり、適切に女性ホルモン様物質(イソフラボン)を摂取することで、多汗症・汗っかきを改善できる可能性があります。

terada
私も、豆乳やイソフラボン系のサプリメントを飲み続けると、なんとなくいつもよりは体が熱くなるような感覚が薄らぐ気がします。

薬剤師が選ぶ、イソフラボンを含むおすすめのサプリメント【厳選3種】

NatureMade 大豆イソフラボン

NatureMadeが販売している大豆イソフラボンです。

NatureMadeといえばサプリメント最大手の企業で、ドラッグストアで見たことのあるひとも多いのではないでしょうか。

アメリカ発祥のブランドで50年にも及ぶ研究の末、サプリメントに特化し研究開発を行っています。

香料・着色料・防腐剤を含まず、安心して飲むことができます。

アメリカでは、薬剤師が最も薦めるサプリメントブランドとして有名です。

さらに、大塚製薬が共同研究をして、より日本人に合わせた商品開発をおこなっています。

 

DHC 大豆イソフラボン 吸収型

国内最大手サプリメント販売会社のDHCが販売する大豆イソフラボンです。

DHCは、『あらゆることを自らの手で』という方針をもっており、製造から流通、販売まで自社でおこなっています。そのため、高品質・低価格を実現できているというわけです。

この商品の特徴としては、『吸収型』であるという点です。

通常、イソフラボンはグリコシド型といって吸収されづらい型なのですが、DHCは『アグリコン型』といって、消化管で吸収されやすい型を採用しています。

これによって、同じ量でも吸収率が高いので、よりイソフラボンを多く体内に入れることができます。

さらに、DHCは他のサプリメントより安いので、長く続けやすいです。

 

DHC 大豆イソフラボン エクオール

同じくDHCの大豆イソフラボンですが、ただのイソフラボンではありません。

『エクオール』をご存知でしょうか。エクオールは簡単に言ってしまえば、『イソフラボンのままよりも強い効果がある成分』です。

エクオールは、大豆イソフラボンが腸内細菌のエクオール産生菌により代謝されできる成分で、大豆イソフラボンよりも強い力があることが判明しています。

しかし、大豆イソフラボンを摂ってもうまく代謝できず、エクオールに変換できない人は日本人の約50%もいます。

お金を無駄にしないためにも、ソイチェックというエクオール産生菌が腸にいるか判断する検査キットがあるので、ぜひ試してみてください。

 

そのエクオールが他社よりも多く配合されているのが、DHCから販売されているエクオールです。

なんといっても、安心の高品質と長く続けやすい低価格が魅力です。

レビューを見ても効果を実感している人が多いので、おすすめです。

まとめ

多汗症・汗っかきにおすすめのサプリメントは大豆イソフラボン、エクオールです。

ホルモンバランスを整える、それに伴って自律神経のバランスをもとに戻すことが重要です。

しかし、サプリメントだけではどうしても汗が収まらないことがあります。これは仕方がないことです。

もし、手汗、足汗、脇汗に悩んでいるのならば、イオントフォレーシスという方法があります。

これは病院でも受けることができますが、1回で一生効果があるわけではなく、何回も通院する必要があります。

市販でも、価格は高いですが、イオントフォレーシスを受けることができる機械がありますので、手汗、脇汗、足汗をどうしても対処したいという人はぜひ参考にしてください。

 

terada
通院代を考えると、長期使用で安く済ませることができます。レビューもかなり高評価が多いです。

-汗っかき・多汗症, 薬・サプリメント

© 2021 宅トレぶろぐ Powered by AFFINGER5